スイーツお菓子お取り寄せ通販情報のTOPに戻る
「スイーツお菓子お取り寄せ通販情報」トップ >  和歌山県和菓子 > ふだらく屋のかち割り 那智飴・那智山煎餅


ふだらく屋のかち割り 那智飴・那智山煎餅

ふだらく屋の那智飴と那智山煎餅を那智山蓬莱閣 那智かまぼこセンターのお土産売り場でみつけました。

那智飴は古くから那智山参拝の際は必ず口にされた、素朴な味の飴。

商品情報

◇那智の水飴

◇かち割り 那智飴・・純度の高い自然色の飴で叩き割った自然の造詣はまことに素朴であり、粘着防止の為に炒り麦を粉にしたハッタイ粉は日本の伝統に生きるふるさとの味。飴し噛まない、しゃぶるもの。

◇かち割り 那智飴 しょうが入り

「伝統の味 300年 かち割りなち飴

昔、偉い坊さまが那智の滝へ修行にでかけたそうな。滝の近くで一人の童子が現れ、修行の邪魔をする天狗の為にと飴をくれた。
滝の所で出て来た天狗に飴をやるとニチャニチャ舐めてばかりいた。その坊さんは無事 水行を終え、後の文覚上人になられたそうな」

◇那智山煎餅


2013年11月に購入。
かち割り 那智飴はきれいなべっこう色の飴でわざと割ってあるので 形がバラバラです。お味は自然な甘さの素朴なお味。

平成19年1月20日の朝日放送 旅サラダで女優の音無美紀子さんがふだらく屋さんを訪れて那智飴の製造を見学された様子が売り場のポップで見ることができました。

那智山煎餅は素朴な懐かしい玉子煎餅のお味ですよ。

かち割り 那智飴 原材料名・・麦芽糖、はったい粉、乳化剤

那智山煎餅 原材料名・・小麦粉、卵、砂糖、炭酸、はちみつ、炭酸水素ナトリュウム(重曹)

ふだらし屋・・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々2534

関連コンテンツ

菓匠 柏堂切畑屋の徐福最中

菓匠 柏堂切畑屋は昭和63年 1988年創業の和菓子屋。 代表銘菓は徐福最中 商品情報 ◇徐福最中・・北海道産小豆と和三宝糖を使用したこしあんを乾燥した天台烏薬をまぜて焼き上げた皮ではさ・・・

御菓子処 那智ねぼけ堂の黒飴

御菓子処 那智ねぼけ堂は嘉永元年 1848年に大阪で創業した老舗。 昭和46年に那智勝浦に工房を作り、那智山からの伏流水を使用しておいしいお菓子を作っています。 代表銘菓は備長炭の国 手作り 黒飴・・・

紅梅堂の鈴焼

紅梅堂は明治元年 1868年創業の老舗。 代表銘菓は鈴焼。 商品情報 ◇鈴焼・・鈴の形の一口サイズのカステラ ◇特選 どらやき ◇熊野 名所せんべい・・最高級の和三盆糖を配合して・・・

御菓子処つくしのめはり娘餅

御菓子処つくしは地元で愛される和菓子屋さん。 商品情報 ◇徐福物語・・黒砂糖を上質のもち米で練り上げたしっとりとした餅菓子 ◇八咫鳥のたまご・・黄身餡を白餡で包み、備長炭を使った生地・・・

儀平菓舗のうすかわ饅頭

儀平菓舗(ぎへいかほ)は明治26年 1893年創業の老舗の和菓子屋さん。 代表銘菓は第20回全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した甘さ控えめのうすかわ饅頭 ☆儀平菓舗のうすかわ饅頭は儀平菓舗オ・・・

総本家 駿河屋

総本家 駿河屋は室町時代中期 1461年 寛政2年に京都の伏見の郊外に「鶴屋」の屋号で饅頭の商いを始めたのが始まり。 1619年 元和5年に紀州藩の藩祖となる徳川頼宣公がお国替えになり、徳川頼宣・・・