スイーツお菓子お取り寄せ通販情報のTOPに戻る
「スイーツお菓子お取り寄せ通販情報」トップ >  岡山県和菓子 > 大手饅頭伊部屋の大手まんぢゅう


大手饅頭伊部屋の大手まんぢゅう

大手饅頭伊部屋は天保8年 1837年創業の老舗のお饅頭屋さん。
当時の備前藩主 池田侯から寵愛を受け、お茶会の席には必ず用意されたという歴史ある大手まんじゅうです。

☆大手まんぢゅうは大手饅頭伊部屋 公式サイト、天満屋ネットショップで販売☆
大手まんぢゅうは厳選された小豆、白双糖、小麦粉、水を使用して作られます。
作り方は
1 備前米を使用し、麹を作る
2 麹にもち米を加えながら日数をかけて成熟した甘酒をつくる
3 甘酒に小麦粉を加えて生地を調整する
4 丹念に仕上げた生地で北海道産の小豆を特製の白双糖で練り上げた漉餡を薄く包み蒸しあげて完成

商品ラインナップ
◇大手まんじゅう
◇もなみ・・漉餡に漬けられ、よく熟れた大納言小豆を良質のもち米で包んだもなか
◇つぶぞろい・・大納言小豆を蜂蜜でたきこんで自然の風味をそのまま粒だきにした甘あずき
◇味いろいろ・・大手饅頭、もなみや大手饅頭、もなみ、つぶぞろいを組み合わせたお菓子の詰め合わせ

大手まんぢゅうは直径約3.5〜4cm 高さ約3cmぐらいのころんとした形の食べやすい大きさです。1つづつ包装してあるのが良いですね。
薄い皮の中にはあま〜い餡子がたっぷりと詰まっています。
濃い目のお茶と頂くととても美味しいですね。

大手まんぢゅう 原材料名・・砂糖、北海道小豆、小麦粉、還元水飴、米、もち米 1個・・38g
株式会社 大手饅頭伊部屋・・岡山市中区雄町201-1

販売ショップ
岡山駅キヨスク・さんすて館、アリオ倉敷
天満屋・・岡山店、倉敷店、津山店、高松店、福山店
岡山空港ショップ、イトーヨーカドー岡山店
天満屋ハピータウン・・岡北店、岡南店、原尾島店、西大寺店、児島店、リブ総社店、玉野店、鴨方店、ハピーズ岡輝店、ハピーズ泉田店、ハピーズ大安寺店、ハピーズ倉敷中島店、ハピーズ円山店
山陽百貨店、阪神百貨店
高島屋・・岡山店、日本橋店、新宿店、横浜店

関連コンテンツ

宗家 源 吉兆庵

宗家 源 吉兆庵(そうけみなもときっちょうあん)は昭和22年 1947年に岡田寅太郎氏が岡山でお菓子の製造販売を始めたのが始まり。 オリジナリティのある和菓子づくりを目指して岡山の果物を使ったお菓子・・・

倉敷ねぼけ堂のアーモンドフリアン

倉敷ねぼけ堂は昭和22年におせんべい店として創業し、その後、和菓子屋さんになり、現在は3代目の店主さん。 倉敷ねぼけ堂の銘菓 アーモンドフリアンは新鮮な卵白、焦がしバター(カルピスバター)、小麦・・・

梅園羊羹本舗の梅園羊羹

梅園羊羹本舗は1941年創業。 双目糖(ざらめ糖)、最高級の糸寒天、精撰した小豆と白小豆、大手芒(おおてぼう)のブレンドに職人のこだわりと真心をこめて、添加物を一切つかわずに伝統製法で作り続けている・・・

山脇山月堂のきびだんご

山脇山月堂は明治14年(1881年)に青果仲買業をしていた山脇傳十郎が創業。徳川時代の寛永の頃、茶道に精通した竹蕃という人が茶菓子を研究し、備前特産のきび米を原料とし、作り出したきび団子を藩主池田公に・・・

広栄堂武田の元祖きびだんご

広栄堂武田は安政3年(1856年)創業の元祖きびだんごの創業メーカー。吉備団子を大々的に広めた武田浅次郎が明治45年に登録商標を出願登録。 商品ラインナップ ◇きびだんご(吉備団子)・・た・・・

廣榮堂の元祖きびだんご

廣榮堂は安政3年(1856)に7代つづいた廣瀬屋という瀬戸物屋の後を継ぎ、お菓子屋に商売替えしたのが始まり。 当時のきびだんごはきびの採れるところにはどこにでもあった食べ物で、日持ちのしない日常・・・

木本戎堂のぼっこう饅頭と村雀

木本戎堂(きもとえびすどう)は明治33年創業の老舗の和菓子屋さん。倉敷の美観地区にある店舗はレトロなつくりですよ。 代表銘菓は「村雀」と登録商標「ぼっこう饅頭」 「村雀」は4代 100年以・・・